So-net無料ブログ作成

本物の男、松田 優作

皆さん、こんにちは!!

ウエです(*≧∀≦*)


 さて、本日は思いっきり、趣味な話を

させて頂きます、興味のない方はスルーしちゃって

ください。


 特に男性の方、自分が男として憧れる

男性像ってありますか?

もちろん、年代によって様々かと思います、石原 裕次郎、

勝 新太郎、歴史好きの方だったら坂本 竜馬 など

魅力的な本当の意味でカッコイイ生き方をした人物は

ホントに憧れます、最近いませんよね、

なんとなく・・・。

話がそれましたが、私にとっての№1がまさに

松田 優作さんなんです。


 もちろん、そっちの趣味はありませんが 笑

なんというか、行住坐臥すべてが、絵になって

しまうんですよ、ルックスは私なぞがたとえ

整形したところで彼には追いつけませんが、

彼の生き様を手本にして日々、精進しております。

img_1801023_62936839_1.jpg



 では簡単なプロフィールなぞをご紹介しますね。


松田 優作(本名同じ)1949年生まれ、

日本人の父と在日韓国人3世の母のもと、

山口県、下関市に生まれる。


残念ながら、1989年11月6日、午後6時45分、

膀胱癌の腰部転移のため、この世を去りました・・、

享年40、ハリウッド進出も果たした矢先の

あまりにも早すぎる人生でした・・・。





彼を有名にしたのは皆さんご存知の『太陽に吼えろ』(1973)

ですね、



私が好きな映画は『蘇える金狼』(1979)と

『野獣氏すべし』(1980)、遊戯シリーズ(鳴海という

優作さん演じる主人公の物語1978~)辺りがテッパンですが

大好きです。



 ドラマならこれもメジャーですが、『探偵物語』がダントツ

です、私が一番最初に観た作品がこれでした・・結構コメディー

タッチなんですが、めちゃくちゃカッコよく、ギャグも入ってるので

初めて彼の作品を観る方にはお勧めですよ♪






 正に、人生を、全速力で駆け抜けていった男、

松田 優作、もう叶いませんが一度だけでいいから

お会いしたかったです。

img_1008851_22936226_3.jpg 






*語りだすとこのブログでは書きつくせないので

この辺にしておきます 笑

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます